三宝柑

突然主人のお見舞いと言って息子達が来て珍しいみかんをいただいたのでと持ってきた。お店で買うといいお値段だと思っていたがこれは都内に住んでいるあるお知り合いの方からの頂き物だと言っていたが三宝柑の由来を聞いてびっくりした。
b0168355_18192525.jpg

三宝柑

江戸時代文政年間(1818年-1829年)に和歌山藩士の野中為之助の邸内にあった木が原木とされ、非常に珍しかったので藩主の徳川治宝公に献上したところ「三宝柑」の名称を付けて、藩外移出禁止を命じ、一般人の植栽を許可しなかったそうだ。このようないわれのある蜜柑を庭で育てて毎年収穫しているとの事でありがたいものをいただいたと思った。皮をママレードにしてもきっとおいしいと楽しみだ。

# by myocarinamelody | 2019-02-09 11:00 | 家族 | Comments(0)

森タウンで八代亜紀のミニライブコンサートがあるとの事で息子と一緒に入口で並んで新曲のCD(1080円)を予約して椅子席が取れた。人気の歌手だけに長蛇の列だったが席はランダムの籤みたいなもので前から3番目の真ん中が取れてゆっくりとコンサートを楽しむことが出来た。撮影もOKでビデオを撮っている人もいたので2~3枚撮ることが出来た。
最近はライブコンサートに出かけることもなくなって近いところでこのような催しがあるとはラッキーだ。

2月6日に発売されるみやぞんとのデュエットバージョンの「だいじょうぶ」というCD発売のイベントだが「雨の慕情」なども歌って八代亜紀の優しい表情で歌う声にうっとりと楽しませていただいた。
b0168355_14095478.jpg

b0168355_14095994.jpg
最後には椅子席の人は一人ずつハイタッチが出来たので一言二言のお話も出来て感激のひと時だった。最近は一人で考えることが多く落ち込みがちだったが少し気が晴れた。

# by myocarinamelody | 2019-01-12 14:00 | コミューニティ | Comments(0)

暮れのイベント


12月に入ると急にあわただしくなる。毎年お掃除は計画的に早めにとは思ってはいるもののこの時期は、やれクリスマス会だの忘年会だのといつもより出かける行事が多いのでゆっくり落ち着いて家の事が出来ない。整理整頓などは日頃からやっておけばいいのだがこの時期にならないと本気になれない。今年は主人が10月に大腿骨にひびが入って病院への出入りが多くいつもより家の事がおろそかになっているのでシルバーさんに来てもらった。3時間で高いところのお掃除を頼んだので大助かりだ。息子もお休みの日などにはショッピングや大きな仕事を手伝ってくれたので助かった。今年は二人で質素なクリスマスだった。
b0168355_23225527.jpg
多摩ハイキングには夏の暑さと雨にも祟られて殆ど参加できなかったが恒例の忘年会には参加した。みんな年をとっても元気で大勢参加していて懐かしい思い出話でビールやお酒を飲みながら盛り上がった。
204名の会員で入れ替わりがあるので私はついに40番になってしまった。もう10年もたつので古株になってしまったが色々なところに連れて行ってもらったお仲間とはなかなか縁が切れないので来年もまだお世話になると思う。

b0168355_23220830.jpg
              今年最後のイベントはオカリナのクリスマス会でミニコンサートがあった。12名の会員で一人2曲ずつと先生が4曲吹いてからケーキと飲み物とスナックでささやかなパーティーだ。私は大好きな平原綾香の「明日」と「シルクロード)を吹いた。
発表会の合奏と違って思い思いの好きな曲を選んで吹くのでみんな上手に吹くし個性があって聞きごたえがある。家庭環境と年の事を考えてそろそろやめようかと思ってたが同じ趣味の仲間とのお付き合いは元気をもらえるので細々とでも続けていきたいと思いう。

b0168355_23223967.jpg
今日息子が会社に行く前にクリスマスツリーを片付けて行ってくれたのでいよいよお正月の準備にダッシュだ。
お正月は全員が集まれば10名だ。子供や孫たちが来るとまた元気になれそうだ。



# by myocarinamelody | 2018-12-25 17:00 | 趣味 | Comments(0)


伊勢丹のイベントで昭和記念公園のイルミネーションを撮りに行くという講座があったので参加した。いつも誘ってくださるお友達が来れなくて不安だったが偶々パソコン同好会のお友達もご一緒で心強かった。近いのにここに来たのは今日が初めてだ。カナール運河の両サイドに立ち並ぶ銀杏並木に沿ってなんと1万5000個ものシャンパングラスを積み上げて出来たイルミネーションの情景は見事だ。
b0168355_22451451.jpg

b0168355_22451971.jpg
みんなが集まっていたので何かと思ったらグラスの中に木の葉が入っていた。
b0168355_22452819.jpg
ここはアベックさんが似合う場所で日曜日ということもあって若い人が大勢来ていた。
b0168355_22453509.jpg
明るいうちに入場したが5時にライトが灯されてからはあっという間に時間が過ぎた。
お友達に夕食を誘われたが駅まで歩くのがやっとで参加出来なくて残念だった。





# by myocarinamelody | 2018-12-16 17:00 | 趣味 | Comments(0)

タカポッチ高原へ

写真仲間のお友達に誘われてタカポッチに行った。マイクロバスで夜の9時に新宿を出発して諏訪湖の北の方へと走る。初めてのところなので体力的に心配だったが歩くところが少ないと聞いてお任せ撮影旅行だ。途中星空を撮影すると言って真っ暗なところに停車して降りてみたが生憎の曇り空で星は現れなかった。
車中で仮眠をとって5時ごろから小高い山へと昇って行った。25~600mもある真冬の高原で気温はマイナス4度だそうだ。夜明けを待って撮影を始めたが生憎雲が出て朝焼の景色にはならなかった。諏訪湖に雲海が出ていたので朝日が差せば見事な景色になったであろうと想像したが残念だ。
b0168355_23585511.jpg
行く時は真っ暗で海中電気のあかりを頼りに歩いたが帰りは冬の高原の景色を楽しみながら降りてきた。
b0168355_23590131.jpg
隣で撮影していた人は今年はこれで3度目だとかこの寒いところによく通って来れると感心した。
b0168355_23590516.jpg
頭から凍りそうに寒い中で時間をかけて写真を撮る気になれなくて早々と車に戻った。でも、話に聞いただけでは想像がつかないが一度来て見れば展示会などで作品を見た時に状況が分かるので一度は来て見る価値はあると思う。



# by myocarinamelody | 2018-12-02 05:00 | 趣味 | Comments(0)

雨飾り山へ

お友達に誘われて長野の雨飾山の麓の鎌池へ写真を撮りに出かけた。
夜行で早朝の景色を狙って現地に着いたが、そこにはもうたくさんのカメラマンが陣取っていた。
やっとのことで割り込んで三脚を立てていざ撮影に取り掛かろうとしたが、湖面の幻想的な霧は
あっという間に晴れてしまった。
b0168355_00260070.jpg
駐車場に着く前に真っ暗な処で停車して少しの間星空を撮ったが、短い間であまり星の軌跡は撮れなかった。

長野の小谷村を通り過ぎて夜中ワゴン車で延々と走り続けて来たが、ここまで観光で来ることはないと思うので紅葉の美しいいこの季節に来れたのはラッキーだ。
若い時に一度娘たちとこの山に登りかけたが時間がなくてこの池を一回りしたことを思い出した。
b0168355_00260642.jpg
紅葉の時期は少し過ぎていたがナナカマドの実が真っ赤に色づいて奇麗だった。
b0168355_00261199.jpg
途中沢山の登山客に出会ったが紅葉が美しいこの時期の登山は最高だと思う。

# by myocarinamelody | 2018-10-22 06:00 | 趣味 | Comments(0)

巾着田へドライブ

今年は雨の日が多くてたまに晴れると猛暑で出かける機会がなかったが息子が巾着田に連れて行ってくれると言うので渋滞を避けて朝早く出かけた。主人の為に車いすを借りたので安心して出かけられた。
今年は花が咲くのも早く見ごろは終わっているかと思ったが一面の真っ赤な絨毯は見ごたえがあった。川べりで一休みして近くの駒神社へ向かった。今年は20日に天皇・皇后陛下がご訪問されたとの事でここも大勢の参拝者でに賑わっていた。お昼頃には帰途に就いたので幸い大渋滞に遭わずに帰れた。お蕎麦でもとお店を探したがどこもお客さんで一杯で結局羽村まで戻って回転ずしでお昼を済ませて早々と帰宅した。
ここは多摩ハイキングの会でよく来たところだが、車で家から1時間くらいで来れるので最近出かけることが少なくなった主人を連れてくるにはちょうどいいハイキングコースだ。ゆっくり写真を撮る暇はなかったが家族で来るのもまた幸せなひと時だ。

b0168355_23050761.jpg

b0168355_23050351.jpg

b0168355_23051427.jpg

# by myocarinamelody | 2018-09-23 08:00 | 家族 | Comments(0)

今年は毎日猛暑の日が続いて近いところでさえ花を見に行く気がしなかったが、偶々息子が友達から情報を得て栃木県益子のひまわりを見に行こうと言い出した。朝早く家を出て途中2~3のサービスエリアでトイレ休憩をとって益子のひまわりフェスティバルの会場には10時半ごろには着いた。駐車場の近くの仮設の展望台からは四方に広がるひまわり畑はそのスケールの大きさにびっくりした。一部終わっているところもあったがこの前の雨でどれも揃ってきれいに咲いていた。
b0168355_17021384.jpg
親子連れのお客さんが群がっているところにはひまわりをバックにブランコがあって代わる代わる写真を撮っていた。今日がフェスティバルの最終日との事で一部の畑からはご自由にお持ち帰りくださいとの掲示があったので濡らしたティッシュペーパーで包んで濡もらってきた。

b0168355_17024619.jpg
ここは益子焼の窯元が沢山ある街で街中を一回りすると陶芸の町らしく独特の雰囲気があって今度ゆっくり見物してみたいと思った。
b0168355_17025309.jpg
お食事を探したがどこも満席で結局高速に乗ってからサービスエリアでいただくことになった。お盆明けの日曜日だがどこの道路も高速も渋滞もなくラッキーだった。毎日暑い暑いと家にとじこもり勝ちな主人も今日は田畑の見えるドライブで気も晴れたと思う。今日は思いがけなく広々と広がるひまわり畑を見物出来て夏の疲れが少し取れたような気がする。でも、日帰りのドライブで息子は疲れたかもしれない。




# by myocarinamelody | 2018-08-19 08:00 | 家族 | Comments(0)

孫がやって来た

夏休みに入ると早々と孫がやってくるのだが今年は中学生になって父親の休みと会わなくてお盆になってやっと家族揃ってやってきた。この時期はいつもなら私たちは娘たちと軽井沢に行っていたが今年は主人の体調を考えて自宅で静養することになった。毎日30度を超える暑さの中、多摩川へ遊びに行くのも熱中症が気になったので、府中の森のプラネタリュームを見に行くことになった。孫は学校でも連れて行って見ていたようだが私たち夫婦は随分昔見たことがある程度だ。ちょうどリニューアルしたばかりだとか宣伝していたが冷房の効いた館内で夜空を見上げるのは気持ちがいい。子供たちにもわかるように丁寧な説明があって昔よく星空を眺めては大白鳥やさそり座を探していた頃を思い出した。生憎午後の酷い雷雨に遭って終わりの方で停電になってしまって全部を見ることは出来なかったが、天の川をまたいで織姫と彦星を見つけることは出来た。それに今は天体の観察も進んで火星や他の惑星も大きく映し出して面白かった。

b0168355_16474820.jpg
孫の愛犬はもう5歳になったて随分おとなしくなった。我が家の愛犬も天国へ行ってしまったので気を遣うこともない。
b0168355_15391435.jpg
















最近ウォーキング用に買った小型のカメラをまだ使いこなせなくて放置してあったので、息子にセッティングしてもらって孫がオートシャッターで撮ってくれた。最近の子供はパソコンも使いこなすし新しいものもすぐに使えて、近くにいれば色々と教えてもらえそうだ。
b0168355_15440563.jpg

夜は恒例の花火を楽しんだ。家の前なので大きな花火は出来ないのでもっぱら手持ちのものばかりだが無心に遊ぶ親子の姿は平和そのものだ。

b0168355_15513651.jpg

毎年孫と遊ぶのを楽しみにして同じことを繰り返しているが、いつの間にか私たちはすっかりジジ、ババになってしまった。最近は地震や集中降雨など異常な事がニュースで報じられて一喜一憂しているが、私たちはその日その日が無事に過ごせることだけを願ってこの暑い夏も過ぎてゆく。




# by myocarinamelody | 2018-08-13 10:00 | 家族 | Comments(0)

去年雪景色を撮ったところへ一緒に行かないかとの誘いに乗って夜行日帰りのツアーに参加した。関東地方に大型の雨台風が来るとの予報で一時はキャンセルになるかと心配したが幸い台風はUターンして南の方に行ったので予定通りに出かけられた。途中那須高原の展望台に立ち寄って月明かりに夜景を撮る予定だったが濃い霧に包まれて何も見えなくて残念だった。夜明けの4時に只見線が通る第一橋梁に着いたが霧が発生しなくて期待外れだった。去年の2月には深い雪の山道を大変な思いをして登ったが、登り道は階段でがけ側には鎖の綱が張ってあって助かった。展望が利くところが3日か所あったが三脚とカメラバッグを持っていたので2番目の展望が効くところで只見線の列車が来るのを待った。登り下りがかなり急なので雪が積もっている時にはアイゼンを履いていないと無理だと思った.
b0168355_16144771.jpg


次には第4橋梁を渡る列車を車道の橋の上から撮った。大きなトラックが往来するたびに橋が大きく揺れるのでシャッタスピードをあげて撮った。秋の紅葉でもあればもっと美しいのかなと想像したが仕方がない。
b0168355_18225545.jpg
次に訪れたのは大志住宅があるスポットでその住宅から列車が出てくるとの事で待機した。線路が見えないのでどこを通るのかと想像しながら待機したが前後の森に隠れて殆ど見えなかった。ただ、湖畔の集落のあるのどかな夏の風景が美しかった。
b0168355_18225986.jpg
やっと列車が目の前を通過したので捉えることが出来たが孫が喜びそうな写真だ。一日に数本しか往復しないそうだが機会があればのんびりと乗ってみたいものだ。

b0168355_18230357.jpg
真夏の暑い日に出かけるなど物好きだと思われるかもしれないが家の中でゴロゴロしていると足腰は弱る一方なので出来るだけ参加したいと思う。ただ、東北とは言え夏の太陽は遠慮なく降りそそぐので顔も首も腕もま真っ黒に日焼けしてしまった。


# by myocarinamelody | 2018-07-30 21:00 | 趣味 | Comments(0)