巾着田へドライブ

今年は雨の日が多くてたまに晴れると猛暑で出かける機会がなかったが息子が巾着田に連れて行ってくれると言うので渋滞を避けて朝早く出かけた。主人の為に車いすを借りたので安心して出かけられた。
今年は花が咲くのも早く見ごろは終わっているかと思ったが一面の真っ赤な絨毯は見ごたえがあった。川べりで一休みして近くの駒神社へ向かった。今年は20日に天皇・皇后陛下がご訪問されたとの事でここも大勢の参拝者でに賑わっていた。お昼頃には帰途に就いたので幸い大渋滞に遭わずに帰れた。お蕎麦でもとお店を探したがどこもお客さんで一杯で結局羽村まで戻って回転ずしでお昼を済ませて早々と帰宅した。
ここは多摩ハイキングの会でよく来たところだが、車で家から1時間くらいで来れるので最近出かけることが少なくなった主人を連れてくるにはちょうどいいハイキングコースだ。ゆっくり写真を撮る暇はなかったが家族で来るのもまた幸せなひと時だ。

b0168355_23050761.jpg

b0168355_23050351.jpg

b0168355_23051427.jpg

[PR]
# by myocarinamelody | 2018-09-23 08:00 | 家族 | Comments(0)

今年は毎日猛暑の日が続いて近いところでさえ花を見に行く気がしなかったが、偶々息子が友達から情報を得て栃木県益子のひまわりを見に行こうと言い出した。朝早く家を出て途中2~3のサービスエリアでトイレ休憩をとって益子のひまわりフェスティバルの会場には10時半ごろには着いた。駐車場の近くの仮設の展望台からは四方に広がるひまわり畑はそのスケールの大きさにびっくりした。一部終わっているところもあったがこの前の雨でどれも揃ってきれいに咲いていた。
b0168355_17021384.jpg
親子連れのお客さんが群がっているところにはひまわりをバックにブランコがあって代わる代わる写真を撮っていた。今日がフェスティバルの最終日との事で一部の畑からはご自由にお持ち帰りくださいとの掲示があったので濡らしたティッシュペーパーで包んで濡もらってきた。

b0168355_17024619.jpg
ここは益子焼の窯元が沢山ある街で街中を一回りすると陶芸の町らしく独特の雰囲気があって今度ゆっくり見物してみたいと思った。
b0168355_17025309.jpg
お食事を探したがどこも満席で結局高速に乗ってからサービスエリアでいただくことになった。お盆明けの日曜日だがどこの道路も高速も渋滞もなくラッキーだった。毎日暑い暑いと家にとじこもり勝ちな主人も今日は田畑の見えるドライブで気も晴れたと思う。今日は思いがけなく広々と広がるひまわり畑を見物出来て夏の疲れが少し取れたような気がする。でも、日帰りのドライブで息子は疲れたかもしれない。




[PR]
# by myocarinamelody | 2018-08-19 08:00 | 家族 | Comments(0)

孫がやって来た

夏休みに入ると早々と孫がやってくるのだが今年は中学生になって父親の休みと会わなくてお盆になってやっと家族揃ってやってきた。この時期はいつもなら私たちは娘たちと軽井沢に行っていたが今年は主人の体調を考えて自宅で静養することになった。毎日30度を超える暑さの中、多摩川へ遊びに行くのも熱中症が気になったので、府中の森のプラネタリュームを見に行くことになった。孫は学校でも連れて行って見ていたようだが私たち夫婦は随分昔見たことがある程度だ。ちょうどリニューアルしたばかりだとか宣伝していたが冷房の効いた館内で夜空を見上げるのは気持ちがいい。子供たちにもわかるように丁寧な説明があって昔よく星空を眺めては大白鳥やさそり座を探していた頃を思い出した。生憎午後の酷い雷雨に遭って終わりの方で停電になってしまって全部を見ることは出来なかったが、天の川をまたいで織姫と彦星を見つけることは出来た。それに今は天体の観察も進んで火星や他の惑星も大きく映し出して面白かった。

b0168355_16474820.jpg
孫の愛犬はもう5歳になったて随分おとなしくなった。我が家の愛犬も天国へ行ってしまったので気を遣うこともない。
b0168355_15391435.jpg
















最近ウォーキング用に買った小型のカメラをまだ使いこなせなくて放置してあったので、息子にセッティングしてもらって孫がオートシャッターで撮ってくれた。最近の子供はパソコンも使いこなすし新しいものもすぐに使えて、近くにいれば色々と教えてもらえそうだ。
b0168355_15440563.jpg

夜は恒例の花火を楽しんだ。家の前なので大きな花火は出来ないのでもっぱら手持ちのものばかりだが無心に遊ぶ親子の姿は平和そのものだ。

b0168355_15513651.jpg

毎年孫と遊ぶのを楽しみにして同じことを繰り返しているが、いつの間にか私たちはすっかりジジ、ババになってしまった。最近は地震や集中降雨など異常な事がニュースで報じられて一喜一憂しているが、私たちはその日その日が無事に過ごせることだけを願ってこの暑い夏も過ぎてゆく。




[PR]
# by myocarinamelody | 2018-08-13 10:00 | 家族 | Comments(0)

去年雪景色を撮ったところへ一緒に行かないかとの誘いに乗って夜行日帰りのツアーに参加した。関東地方に大型の雨台風が来るとの予報で一時はキャンセルになるかと心配したが幸い台風はUターンして南の方に行ったので予定通りに出かけられた。途中那須高原の展望台に立ち寄って月明かりに夜景を撮る予定だったが濃い霧に包まれて何も見えなくて残念だった。夜明けの4時に只見線が通る第一橋梁に着いたが霧が発生しなくて期待外れだった。去年の2月には深い雪の山道を大変な思いをして登ったが、登り道は階段でがけ側には鎖の綱が張ってあって助かった。展望が利くところが3日か所あったが三脚とカメラバッグを持っていたので2番目の展望が効くところで只見線の列車が来るのを待った。登り下りがかなり急なので雪が積もっている時にはアイゼンを履いていないと無理だと思った.
b0168355_16144771.jpg


次には第4橋梁を渡る列車を車道の橋の上から撮った。大きなトラックが往来するたびに橋が大きく揺れるのでシャッタスピードをあげて撮った。秋の紅葉でもあればもっと美しいのかなと想像したが仕方がない。
b0168355_18225545.jpg
次に訪れたのは大志住宅があるスポットでその住宅から列車が出てくるとの事で待機した。線路が見えないのでどこを通るのかと想像しながら待機したが前後の森に隠れて殆ど見えなかった。ただ、湖畔の集落のあるのどかな夏の風景が美しかった。
b0168355_18225986.jpg
やっと列車が目の前を通過したので捉えることが出来たが孫が喜びそうな写真だ。一日に数本しか往復しないそうだが機会があればのんびりと乗ってみたいものだ。

b0168355_18230357.jpg
真夏の暑い日に出かけるなど物好きだと思われるかもしれないが家の中でゴロゴロしていると足腰は弱る一方なので出来るだけ参加したいと思う。ただ、東北とは言え夏の太陽は遠慮なく降りそそぐので顔も首も腕もま真っ黒に日焼けしてしまった。


[PR]
# by myocarinamelody | 2018-07-30 21:00 | 趣味 | Comments(0)

納涼祭

今年は梅雨明け以来30度を超える異常な暑い日が続いてアウトドアーのイベントには殆ど参加できない日々だ。
年と共に足腰も弱る一方で立ち上がるのも億劫になって来た。
今日も昼間は一歩も外には出たくないぐらい暑い日だったが夕刻から町内会の納涼祭が企画されているので参加した。
朝早くからボランティアの人たちが集まって焼きそばや餃子などを作って屋台が出た、子供たちには色々なゲームなども
あって、この時ばかりは若い親子連れの家族も大勢集まった。櫓の上ではフラダンスや盆踊りがあって、写真を撮ったが
後半にはみんなと一緒に踊ったら腰の痛みも取れて体が軽くなったようだ。
隣近所と言っても日ごろはなかなかお会いできない人たちとも久しぶりに会ったりして地域の人達との交流もまた楽しいものだ。
今年は集中豪雨やがけ崩れなどで多数の死者や怪我人が出たが災害の時には隣近所の人達との助け合いがどんなに必要かとつくづくと
思い知らされた。年を取ったからと家に閉じこもっていないで出来るだけ地域のイベントには参加するように心がけたい。

b0168355_23040869.jpg





[PR]
# by myocarinamelody | 2018-07-21 16:30 | コミューニティ | Comments(0)

里山の会に参加して

パソコン同好会の里山の会の主催で、今回は美智子妃殿下のお住まいだった跡地にできた「ねむの木の庭」に行くことになった。
梅雨の時期でもあり少々の雨でも行けるようにとの計画でその後池田山公園とタニタの食堂での昼食の後、御成門のNHK放送博物館見学というコースだ。今日は雨の心配どころか30度の猛暑とのことでどうなることかと脱水にならないようにとポカリスゥット持参だったが庭園と公園以外は屋内の見学だったので31名全員元気に一日の都内ウォーキングができた。

b0168355_17092527.jpg
ちょうどねむの花がいっぱい咲いていて風に揺れていた。5月から先始めるというプリンセスミチコというバラの花もきれいに咲いていて皆それぞれのカメラに収めて楽しんでいた。
園内はそれほど広くはないが珍しいハーブもあり白樺の木もあって美智子妃殿下のお詠みになった和歌の一節があちらこちらにあっていろいろと思い出の詰まったお庭だと想像される。

b0168355_17092905.jpg
近くの池田山公園に行ったが日照りが強くてほとんどのアジサイはもう見ごろを過ぎていた。小さな池に向かって階段を下ると鯉も泳いでいて、ちょっと涼しくて都心のオアシスだ。秋の紅葉の時はきっと美しい眺めになることだろう。

b0168355_17125080.jpg
お昼は話題のタニタの食堂で定食をただいて、そのあと三田線で御成門まで移動して、NHK放送博物館に行って見学した。まず、最新の8Kのスクリーンで日本庭園のテーマでしばらく鑑賞してから館内の展示物や実演などを見て楽しんだ。テレビが出来てからのいろいろな名画を見れるところもあったが時間の許す限りの見学だった。
b0168355_17125721.jpg
最後はエビスガーデンに行ってビールで反省会ということになった。ここの駅の周りも随分と変わってびっくりすることばかりだ。
初めての恵比寿ガーデンは駅から延々と動く歩道を通って行くがここも都会のオアシスだろうか。400円のコインを2個買ってビールとおつまみをいただいて自由なテーブル席で今日一日の汗を流した。

b0168355_17130359.jpg

家にいると一日中雑用に追われてそれでもなかなか身の周りが片付かなくて、いつもストレスを溜めているが、思い切って出かけると心身共に癒されて2~3歳は若返ったような気になれる。参加した会員は60歳代、70歳代、80歳代でその殆どの人がシニアパスをもっていたので子育ても終わって第二の人生をエンジョイしている人達だ。道中も絶え間ないおしゃべりで電車もうっかり乗り越しそうになる。
こんな楽しいイベントを企画して大勢を案内してくださるリーダーのO氏には心から感謝している。




[PR]
# by myocarinamelody | 2018-06-29 09:00 | KSNC | Comments(0)

5月の写真のグループ展が終わってほっとしてからカメラを持って撮りに行く機会がなくこのまま終わってしまうのではないかと気が抜けていたら偶々お誘いがあって長野の方に出かけることになった。朝一番に国道では一番高いところになるという渋峠に行ったが霧が濃くて四方八方何も見えなかった。このままお天気が悪くて今日は空振りかと思っていたら、だんだん晴れてきて雷滝に行って次にあと2つ滝めぐりをした。
b0168355_16415274.jpg

b0168355_16415589.jpg

b0168355_16421973.jpg
その後、蓮華つつじがまだ咲いていそうだという五味池破風高原まで連れて行ってくれた。今年は気候の変動で花は殆ど終わっているとの事であまり期待は持てなかったが、地元の観光協会の人の好意でマイクロバスで1700mの高原まで連れて行ってもらった。遠くの北アルプスは雲に隠れていたが上田市が眼下に見晴らせて四方八方に蓮華つつじが咲いて素晴らしいところだった。ただ、遠くの方に雷の音が聞こえて集中豪雨にでもなったら逃げ場がないので早々に引き上げた。

b0168355_16420348.jpg
この時期は高山植物があちらこちらに咲いてて一日中歩き回ったらさぞかし楽しいだろうと思ったが団体行動ではゆっくりしてはいられない。
b0168355_16420601.jpg
次回はのんびりと登山を楽しみたいものだ。


[PR]
# by myocarinamelody | 2018-06-26 06:00 | 趣味 | Comments(0)

昭島の写真展が終わって


昭島で所属している写真クラブの年一度の6日間のグループ展が終わった。市民会館内の公民館での小さな写真展だが会員のお知り合いの方や家族はもちろんだが趣味で写真をやる人やプロの方も来てくださって入場数は964名だった。今年は初日から元のゴルフ仲間のお友達がホームから抜け出してきたと言って久しぶりのの再会にしばし思い出話にふけった。近くの方ばかりでなく遠くから忙しい中を時間を割いて毎年来てくださる方やグループで誘い合わせてきてくださる方など毎日のように親しい方々にお会いできて幸せいっぱいの6日間だった。
b0168355_23291384.jpg
 左は【興亡の面影】と題して朝もやの中の郡上八幡城を遠くからとらえたもの、
右は【光のファンタジー】と題して長野県の自然湖の枯れ木立に早朝の朝日が
写り込んだものの作品

b0168355_23292561.jpg
20数名の小グループの写真展だが長年のキャリアのある方はそれなりに得意な
分野があって個性的な作品を出している。真似も出来ない作品ばかりだ。
b0168355_23293145.jpg
2Lのスナップ写真は身の回りの面白い写真が沢山あるので人気があった。

最近は会社をリタイアして時間に余裕が出てきた男性の方や子育ても終わってほっとした主婦の
方など写真を趣味として始める人が増えているようだ。私もお友達がカメラを買ったと聞いて
始めた趣味だが重い三脚とカメラを持って出かけるのは体力的に限界かなと思う時もしばしばだ。
でも野や山を歩き回って元気が出ると写真もなかなかやめられそうもない。
忙しいい中をわざわざ見に出かけてくださって元気をくださったお客様に心から感謝したい。




[PR]
# by myocarinamelody | 2018-05-21 17:00 | 趣味 | Comments(0)


今年は色々な事があって月日の経つのが早い。写真の同好会の年一度のイベントが近づいてからは手落ちがないようにと早めに準備はしていた積りだが作品の額入れは一週間前になってやっと出来上がった。この一年間で撮った写真の中から全紙に伸ばしても恥ずかしくない程度のものを選ぶのだが仲間の推薦や会長のアドバイスなどもあって全紙2枚が決まった。
b0168355_22464423.jpg
            期間:5月16日(水)~21日(月) 午前9時~午後6時(最終日は5時まで)
会場:昭島市民会館内の公民館1F展示室と通路壁面 
(JR昭島駅北口下車立川方面へ徒歩7分)
   
b0168355_22465517.jpg
今年は予定の二日前の午後1時半に集まって会員全員で案内板から会場作り展示などを手分けしてやった。照明まで細かな点検をしてから集合写真を撮って会長の挨拶をが終わったのは4時過ぎだった。一部の人を除いては殆どシニアだが仲間の作品を見ながら和気藹々と作業するのは疲れも感じない。
写真は人それぞれの好みがあるが一生懸命撮った時の感激に共鳴してくれる人がいればまた次の作品への情熱が湧いてくるだろう。足腰を鍛えて体力が続くかぎり続けていきたいものだ。





[PR]
# by myocarinamelody | 2018-05-14 22:20 | 趣味 | Comments(0)

軽井沢の枝垂桜がきれいだと言って娘たちが誘ってくれて主人も一緒に出掛けた。去年はダウンのコートが欲しいくらい寒かったが今年は花だよりも例年より早く満開の枝垂桜に囲まれて心地よい春の日差しが心地よかった。二日目にトンボの湯に出かけてハルニレのリゾート地を散策した。若者に人気のスポットでどこもかしこも若い人たちでいっぱいだった。渓流沿いに遊歩道があってあちこちにお店やベンチなどもあり素敵な行楽地だ。ちょうど若葉の間から美しいい渓流のしぶきが上がって、ゆっくり狙えば撮影スポットが一杯ありそうなところだ。
b0168355_16352585.jpg
コテージの周りは小さな池や小高い山があって山の中で過ごしているような気になる。桜の種類も色々だが今年は咲くのが早くて幾種類かはもう終わったとの事だった。でも、コテージを埋め尽くす大木の枝垂桜は壮観だった。
b0168355_16360943.jpg

b0168355_16375770.jpg
今年は娘婿のお母様が山口からはるばる出てこられたので久々の再会で感慨もひとしおだった。二日目の夜は星野エリアにあるゆかわたんというフレンチのレストランに行ったが出てくるもの一つ一つがまるで芸術品のようなお料理だ。コックさんの話では軽井沢の自然の中の素材を生かしてフレンチ料理に創作したそうだが味はもとより目で見てこれほど楽しませてくれるお料理があるとは田舎者の私にとっては本当に驚くばかりだった。

b0168355_16361470.jpg
 日頃は多忙を極めている娘夫婦にとっては静かなコテージで過ごす休日は唯一の体を休める時だそうだが、私達老夫婦にとってはこのような幸せな一時を子供や孫たちと過ごせて長生きしてよかったとしみじみと思う。





[PR]
# by myocarinamelody | 2018-05-01 06:00 | 家族 | Comments(0)